Gold egg100

守りの資産“金”に
少しだけ希望を込めたら、“金のたまご”になりました。

“Gold egg(ゴールドエッグ)100”は、
長期投資はもちろん、機動的な短期売買までをカバー。

今人気の、ゴールドバー100gの購入も可能となり、
幅広い投資スタイルにフレキシブルに対応します。

"Gold egg100"は、TOCOM上場の「金限日取引」を低レバレッジ(約2倍)で取引できる損失限定取引(スマートCX)です。

投資対象としてのゴールドの魅力


太古の昔から、金はずっと人々を魅了し続けてきました。
その歴史は紀元前6000 年頃、装飾として金が用いられたのが始まりと言われます。
ツタンカーメン王の黄金のマスク、
近代科学の始まりといわれる中世ヨーロッパの錬金術、
アメリカ・ゴールドラッシュなど、金は人類の長い歴史の中で、
常にその存在と価値を認められ続けてきました。
そして現在、金は長引く不況の中で、資産を守るための実物資産投資として
注目を集めています。

金は、株式や債券、預金などのペーパー資産と違い、
金そのものに価値がある「実物資産」であるため信用リスクがありません。
発行体(発行している機関)の破綻によって投資したお金がゼロになるリスクを持つペーパー資産に比べ、
金は決して無価値になることはありません。

金価格の推移を見ると、2000年代以降本格的に上昇を開始し、
2000年に1グラム当たり1,000円前後だったものが、
2013年には5,000 円前後まで値上がりしました。
なんと5倍もの上昇をしたのです。
特に、サブプライムローン、リーマンショック、欧州の金融不安、
米国債格下げなど、金融危機や景気の先行きに不安が高まるごとに、
守りの資産として金が選ばれ、高騰してきました。

現物より投資効率が2倍!!長期投資からフレキシブルな売買まで対応可能な“Gold Egg 100”とは

今や世界中の投資家がポートフォリオに
金を組み入れることが当たり前の時代となりました。
そのような背景の中、一般個人の方にも、より気軽に
金投資を始めていただけるよう商品設計された
新しい投資スタイルが“Gold egg(ゴールドエッグ)100”です。

その特徴は、現物(金地金)購入の約半分の資金で
現物と同等の運用ができること。
例えば、金地金100gを購入する場合の資金は約48万円必要になりますが、
“Gold egg(ゴールドエッグ)100"では、その半分以下の約22万円(1枚)で
同等の運用が可能です。
つまり、現物購入分の資金を“Gold egg100”に振り分けた場合、
200gの運用ができ、2倍の運用効果が期待できるということです。
また、従来の先物取引とは違い、取引の期限が無く
長期保有を目的とした資産運用に向いています。
注文はPCやスマートフォンから簡単に行うことができ、
急な価格変動時に機動的な売買を行うことも可能です。
さらに、現物を手元に受け取りたい場合は、
100g単位で購入することも可能です。

"Gold egg100”は、TOCOM(東京商品取引所)に上場している
「東京ゴールドスポット100(金限日取引)」を対象とした取引で、
損失限定取引(スマートCX)を採用しておりますので、
初期投資金を超える損失を負うことがありません。
現物投資より効率よく運用し、状況によって現物も受け取りたい
という方にピッタリの取引です。
1. 現物購入の約半分の資金で運用できます。
金地金100gを購入する場合の資金は約48万円。それに対して“Gold egg100”は、その半分以下の約22万円で同等の運用が可能です。
※いずれの金額も2016.6現在の相場をもとに算出

2. 長期投資に最適な投資商品です。
“Gold egg100”は、従来の金先物取引とは違い取引期限が無いため、じっくりと将来の動きを見据えた長期投資に適した商品といえます。

3. 金地金100gを購入することもできます。
EFP取引を利用することで、金地金100g単位で受け取ることも可能です。
(弊社はEFP制度に対応しており、地金商から買うのと同程度の価格で購入できます)

4. 注文はPCやスマートフォンから簡単に。
マーケットは昼夜ほとんどの時間オープンしていますので、急な価格変動時などに 機動的な売買を行うことが可能です。

"Gold egg100”は、TOCOM(東京商品取引所)に上場している 「東京ゴールドスポット100(金限日取引)」を対象とした取引で、 損失限定取引(スマートCX)を採用しておりますので、 初期投資金を超える損失を負うことがありません。 現物投資より効率よく運用し、状況によって現物も受け取りたい という方にピッタリの取引です。


こんな投資スタイルを求めている方に“Gold Egg 100”をおすすめします。

長引く世界的情勢不安の中、金は着実に上昇を続けその威力を発揮してきました。
過去の数々の経済危機の中で、その価値は何度も実証されています。
金は決して無価値になることのない事実上の全世界共通の通貨として、
その位置づけは今後も変わることはないでしょう。
“Gold egg100”は、景気の先行きが予想できない今も、長期投資の対象として適した投資といえます。

分散投資でリスク分散を考えている方

異なる動きをもつ資産をあわせもつことが分散投資の基本ですが、
特に景気の先行きが不透明なときには、株式や債券といったリスク資産とは異なる特徴を持つ、
実物資産である“金”がポートフォリオ強化のカギとなるといっても大袈裟ではありません。
'08年のリーマンショックでは、世界中の株価、債券、商品など
あらゆるマーケットが暴落する中で、金は着実に上昇を続けました。

地金(バー)の購入を検討している方

EFP取引を活用することで、地金(バー)を100g単位で購入することが出来ます。
購入価格は、地金商とほとんど変わりません。
【EFP取引】
"Exchange of Futures for Physicals:Exchange=交換、Futures=先物、Physicals=現物"の略で、
先物と現物の交換取引のことです。
“Gold egg100”で買いポジションがある状態で、
現物取引の相手方と契約を結び、取引所によるEFP取引の承認を得た後に、
買いポジションを決済し、地金(バー)を受け取ることが出来る取引です。
弊社ではEFP取引の対応が可能です。

高レバレッジ取引を好まない方

従来の商品先物取引(通常)は、おおむね10~60倍程度のレバレッジとなっていますが、
“Gold egg100”は、レバレッジを約2倍程度に抑え、リスクを低減しています。
今までリスクが心配で二の足を踏んでいた方でも取引しやすい商品設計となっています。

状況によっては短期投資もしたい

米雇用統計やFRB政策金利など、世界の重要経済指標の発表などで、
サプライズがあれば瞬時に大きく変動する場合もある金。
マーケットは昼夜ほとんどの時間オープンしていますので、
短期的なトレードにも昼夜問わず幅広く対応することができます。

東京ゴールドスポット100(通称ゴールド100)とは

2015年5月にTOCOMに新規上場した、金の理論スポット価格を取引対象とする証拠金取引です。
売り買いどちらからでも取引を始めることができ、
取引期限がないため、FX感覚で取引ができます。

主な特徴

期限にとらわれずに取引を行うことができる!

外国為替証拠金取引(FX)と同様、
ポジションは自動的に翌営業日に持ち越される決済期限のない取引であるため、
期限にとらわれずに取引を行うことができます。

地金の購入・売却ができる!

差金決済により取引を終了する商品設計をとっていますが、
立会外取引の制度(EFP)を利用すれば、100gの地金を購入・売却することができます。
希望される方は、あらかじめ委託先の商品先物取引業者にご相談ください。
※弊社では購入のみ対応しております(2016.6現在)

取引所取引なので安心!

取引が行われるTOCOMは、農林水産大臣及び経済産業大臣の許可を受けた取引所です。
取引の決済の履行はTOCOMグループの清算機関(JCCH)が保証し、
また、さまざまな投資家保護制度も完備されています。

夜間でも取引ができる!

取引時間は、土日・祝日を除く9:00~15:15、16:30~ 翌4:00です。
海外イベント(米雇用統計の発表等)の時間帯も機動的な取引を行うことができます。

今、金投資が注目される3つの理由とは

1.希少性の高さ

地球上に存在する金の量には限りがあり、
人工的につくれるものではありません。
有史以来、採掘された金の量は177,000トン(オリンピックプール3.5杯分)
しかありません。

まだ採掘されていない金はわずか数トンといわれ、
しかも、この大半は地球の奥深くなど採掘が極めて困難な場所にあります。

2.価値がゼロにならない

金は、その価値がゼロになることがない実物資産です。

株式・債券・通貨などは、発行体の信用をもとにその価値が決まり、
価値がゼロになってしまう「信用リスク」がありますが、
金は発行体がないため、そのリスクがありません。

世界各国の中央銀行や政府は、不測の事態に備えて、
財源強化や信用力強化のため金の保有をしますが、
その保有高は増加傾向にあります。

3.インフレ・デフレにも強い

現金はインフレ時に価値が下がりますが、
金は物価の上昇と共に価格が上がります。

一方、デフレ時には、経済の悪化などを理由にリスクヘッジとして
実物資産の金が買われる傾向にあります。

サンワード貿易のサポート体制

1.知識や経験豊富なスタッフがしっかりサポート

取引時間中(8:30~翌4:00)は、スタッフが常駐しておりますので、
市況・売買のご相談や各種情報の提供・ご注文など、お電話でも承ります。
もちろん、PC・スマートフォンからも市況チェックや発注は可能です。
※東京商品取引所2016年6月9日発表資料より

2.無料セミナー全国各地で開催中

金投資を初めとした 幅広いテーマで開催しています。
お取引口座の有無に関わらず無料でご参加いただけます。

3.PC・スマートフォンから気軽に情報収集

サンワード貿易のマーケット情報は、相場やニュースのチェックはもちろん、
プロのアナリスト陣によるレポートやコラムも配信しています。
また、普段忙しくされている方のために、特に重要度の高い情報を
ピックアップしてメールにてお届けする
ニュースメール配信サービスも行っています。

対面取引口座とオンライン取引口座の違い

それぞれの特徴とおすすめポイント

対面取引口座
売買についてプロのアドバイスがほしい方や、普段忙しいので必要な情報があれば適宜教えてほしい。といった方に専任担当者がしっかりとアドバイス・情報提供をするコースです。また、深夜でも専門スタッフが常駐しており、電話でのお問い合わせも対応いたします。

オンライン取引口座
売買にあたっての判断や情報収集は自分自身で行うので、とにかく手数料を安く抑えたい。といった方に適したコースです。お電話でのサポートはないものの、充実の情報ツールや分かり易いトレードツールがあなたのトレードをしっかりサポートします。

「“Gold egg100”(ゴールドエッグ100)」取引要綱

取引市場東京商品取引所 東京ゴールドスポット100(金限日取引)
取引対象純度99.99%以上の金地金の理論スポット価格
取引単位100g/枚
価格表示と値動きの単位1g当たり1円刻み(1ティック当たりの損益は100円)
取引時間日中立会 9:00~15:15   夜間立会 16:30~翌4:00
取引の種類損失限定取引(スマートCX)  ※ロスカット幅2,000円
必要証拠金買い:約22万円 売り:約24万円 ※約定値段、注文条件により多少変動します。
サーキットブレーカー発動基準150円 設定した幅外の価格で注文が対当した際に、一時的に取引を中断します。
参考理論スポット価格TOCOMのホームページで5分毎に公表します
地金の購入EFP取引

対面はコチラ
オンラインはコチラ