#

書店には様々な手法を紹介した書籍が数多く並び、何を選べば良いか迷います。
また、インターネットを検索すれば、「この手法で月30万円稼げます!」などと、
アヤしげなサイトが投資家の判断を迷わせます。

サンワード貿易は、そんなあなたの迷いを解決するため、
初心者向け基礎講座から、プロが実践するトレード手法まで、
体系的に、シリーズで学習する場を提供しています。

“世紀の教え魔”小次郎講師こと手塚宏二氏とサンワード貿易がガッチリとタッグを組んでお送りする、
投資家のための学びと実践の場。

それが小次郎講師投資クラブです。

#

小次郎講師投資クラブの基本は、月に1回、東京で開催するセミナー。
そして、他ではどこでも見られない、オリジナルの動画コンテンツです。

ですから、首都圏以外の方もガッカリする必要はありません。サンワード貿易に口座開設するだけで、小次郎講師投資クラブ会員専用サイトにご招待。大好評のうちに幕を閉じた初回シリーズのセミナー内容を、高画質動画でイチから勉強することができます。

動画本数は既に20本以上。さらに毎月、会場セミナーの内容が追加されていきます。毎回変わるテーマを順に勉強していくと、投資に欠くべからざる知識が身につくしくみになっています。「資金管理」や「リスク管理」など、普段のセミナーではなかなか聴けない内容が詰まっていますから、ぜひじっくりと取り組んでください。

もちろんセミナーで使用したレジュメはサイトからダウンロード可能。

わからなければ何度でも理解できるまで動画を視聴することができます。

投資家にとっては大きな損失を出してマーケットから退場してしまうことが一番の致命傷です。小次郎講師投資クラブで、相場の上げ下げだけではない、投資家としての基本スキルをぜひ身につけましょう。
さらに会員専用サイトでは、掲示板経由で小次郎講師に直接質問もできます。セミナー受講という一方向のインプットだけではなく、双方向のコミュニケーションが可能なので、より記憶にも定着しやすいと言えます。

ですから、小次郎講師投資クラブは、セミナー参加が難しい地方の方々にこそ(オンラインで)参加していただきたいのです!

口座開設はこちら

CX取引≫
 (金・白金・原油等) 

FX取引≫
(ドル円・ユーロドル等)

#

【テクニカル分析講座】【実践トレード講座】
1.チャート分析の基本1.実践トレードの準備、資金管理編
2.チャート分析の基本2とプラクティス2.移動平均線大循環分析と実践トレード
3.ダウ理論、フィボナッチ、エリオット波動、そしてプラクティス3.移動平均線大循環分析中級編
4.移動平均線の秘密!4.移動平均線大循環分析の要「帯」を徹底研究
5.ローソク足研究、そしてプラクティス5.移動平均線大循環分析「仕掛けと手じまい徹底研究」
6.ローソク足研究26.リアルチャートで徹底プラクティス!
7.平均足研究7.MACD研究、そしてリアルチャートトレード
8.板の読み方8.リアルチャート徹底プラクティス2
9.板の読み方&市場の価格の決まり方29.大循環MACD基礎編
10.トレードの実践法10.大循環分析と大循環MACDの使い分け
11.大循環MACDまとめ11.大循環MACD徹底解説
12.投資リテラシーとは?12.プラクティスの仕方


そして、小次郎講師投資クラブ 2nd Seasonのテーマは

【小次郎講師流のチャート分析を究める】編

毎月1本づつ動画は増えていきます。
ご期待ください!

#

チャート研究・トレード手法研究家
小次郎講師投資塾塾長
株式・FX・コモディティのトレードコーチ。
5年間に数百人のトレーダーに小次郎講師流に改良した
タートルズトレードを伝授し、一流投資家を育てている。

個人投資家のカリスマコーチングプロとして人気を博し、 現在はニ千人を超える門下生を抱えている。

経歴
1954年(昭和29年)岡山県岡山市生まれ 早稲田大学政経学部中退
金融会社で約30年間、外務員として営業を経て、IT会社へ転身。
新しいチャート開発に取り組みながら、タートルズのトレード手法を
ベースとした小次郎講師流の手法による投資家教育を続ける。
2015年、手塚宏二事務所開設。
投資教育の第一人者として、私塾の小次郎講師投資塾や投資セミナー、
DVDや書籍などを通じて精力的に投資家を育てる活動を展開している。
小次郎講師投資塾門下生からは専業トレーダーも多数輩出。

みんなの株式「みんコモコラムアワード2013,2014」2年連続大賞受賞
パンローリング「ブルベア大賞2016」大賞受賞
ラジオNIKKEIマーケット・トレンド出演


日時
2018年12月18日(火)
18:30開場 19:00開演 20:50終了予定
会場
TOCOMスクエアセミナールーム
東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所B1[地図]
定員 80名
・応募者多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。
・抽選の場合は、弊社でお取引実績のある方や、
   初めて弊社セミナーに参加される方が優先されます。
・抽選の結果は開催日一週間前を目安にメールにてご連絡いたします。
参加費 無料
主催 サンワード貿易株式会社
協賛  ㈱東京商品取引所
日本商品先物振興協会
※本セミナーは、弊社サンワード貿易(株)が扱う商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)の契約締結の勧誘を目的として開催しております。※本セミナーは、途中退室自由です。※商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)は、相場変動等により元本を上回る損失が生じるおそれがあります。※本セミナーは、相場の動向や売買による利益を示唆または保証するものではありません。投資に関しての最終判断は、あくまでもご自身でご決定ください。※商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちらをご覧ください。※お客様の個人情報は、弊社の業務における調査、情報提供、ご案内に利用し、弊社のプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱いいたします。※他の参加者へ対する営業や勧誘行為は、一切禁止とさせていただいております。※講演者・講演内容などは、都合により予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。※同業者及び学生の方のお申込はご遠慮ください。※本セミナーの録音・動画撮影はご遠慮ください。
≪商品先物取引法に基づく表記≫
商品先物取引は相場の変動によって損失が生じるおそれがあります。 通常取引での総取引金額は取引に際して預託する証拠金のおおむね10~70倍程度、スマートCX(損失限定取引)ではおおむね2~10倍程度の額となります。そのため相場の変動が小さくとも、大きな額の利益または損失が生じることのあるハイリスクハイリターンな取引です。 通常取引では相場の変動の幅によっては預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。 スマートCX(損失限定取引)では、損失が一定の額を超えた場合には、お客様の決済注文を待たずに取引の決済を行いますので、損失の額が証拠金の額を上回ることはありません。(手数料を除く) 通常取引における委託者証拠金は、商品によって異なりますが、 最大1枚あたり125,000円です。 スマートCX(損失限定取引)における必要証拠金は、商品・約定値段によって異なります。また、発注時割増額が必要になり、その額は商品によって異なります。商品先物取引の委託には委託手数料がかかります。その額は、商品によって異なりますが、通常取引で最大1枚あたり10,800円、スマートCX(損失限定取引)で最大1枚あたり16,200円です。オプション取引の証拠金の額は、SPAN により、オプション取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されますので、オプション取引の額の証拠金の額に対する比率は、常に一定ではありません。オプションの買い手が満期日までに反対売買による決済を行わなかった場合は自動で取引終了となり、返還額が発生する状態だと権利行使、返還額が発生しない状態だと権利放棄となります。権利放棄の場合は預託したオプション料(プレミアム及び手数料)全額が損失となります。オプション取引の売り手は買い手の権利行使に応じる義務があります。オプション取引の売り手は、取引の額が証拠金の額を上回るため、その損失の額は、証拠金の額を超えることがあります。※手数料、証拠金等の情報は2018年11月30日現在のものです。※手数料はいずれも税込です。弊社の企業情報は弊社本支店、または日本商品先物取引協会のホームページからもご覧いただけます。日本商品先物取引協会 https://www.nisshokyo.or.jp/

≪金融商品取引法に基づく表記≫
※取引所為替証拠金取引「くりっく365」は元本や利益が保証された取引ではありません。為替相場や金利変動により損失が生じるおそれがあります。また、少ない証拠金で大きな取引が可能なため投資元本の変動比率が大きく、為替相場の変動によっては預託した証拠金を上回る損失が出る可能性があります。※証拠金が一定の水準以下となった場合、全ての保有ポジションが自動的に強制決済となるロスカット制度が適用されます。それにより発生した損失はすべてお客様に帰属致します。※お取引の際に係る為替証拠金基準額は、一定期間、定額とし、一週間ごとに見直すこととします。算出方法は以下となります。(弊社適用の必要証拠金については、契約締結前交付書面または弊社HPをご覧ください。)
※算出方法(個人のお客様) HV方式(レバレッジ25倍上限付き)取引所為替証拠金取引の種類ごとの想定元本金額の4%に相当する円価額、又は、想定元本金額にその時々の相場変動に基づいて東京金融取引所が算出した比率を乗じて得た円価額のうち、いずれか大きい方の円価額となります。(レバレッジは25倍を上回りません。)(法人のお客様) HV方式(レバレッジ上限なし)取引所為替証拠金取引の種類ごとの想定元本金額にその時々の相場変動に基づいて東京金融取引所が算出した比率を乗じて得た円価額となります。
※東京金融取引所が定める外国為替相場は、算出基準日から遡る5取引日(当該算出基準日を含む。)における当該元本金額の通貨一単位あたりの日本円相当額から算出する金融指標(韓国ウォン・日本円取引所為替証拠金取引にあっては、当該元本金額の通貨百単位あたりの日本円相当額から算出する金融指標)に係る取引所為替証拠金取引の為替清算価格の平均値とします。
※為替証拠金基準額の運用ルール 上記の算出方法に基づき、毎週月曜日に新たな為替証拠金基準額を算出し、翌週月曜日から金曜日の間、適用致します。 注1:為替証拠金基準額は通貨ペアごとに定めます。 注2:為替証拠金基準額は10円単位とし、10円未満の端数は切り上げます。
※弊社が提示する通貨の「売り」と「買い」の価格にはスプレッド(価格差)があります。政治情勢や不測の事態、経済指標発表等によりスプレッドが拡大する場合もあります。※スワップポイント(金利差調整分)は日々の金利動向によっては受取りから支払いに転じる可能性もあります。※取引手数料は取引単位が1万通貨単位の通貨ペアでは1万通貨あたり、10万通貨単位の通貨ペアでは10万通貨あたりで、お取引のコースによって異なります。対面取引コースでは、(電話注文、パソコン等による注文共)1枚=1取引単位で片道1,080円(ラージは10,800円)、日計り決済手数料は無料です。オンライン取引コースでは、(パソコン等による注文)1枚=1取引単位で片道270円(ラージは2,700円)、日計り決済手数料は無料ですが、電話代行注文では、1枚=1取引単位で片道1,080円(ラージは10,800円)、日計り決済手数料は540円(ラージは5,400円)となります。(いずれも税込)
※お取引にあたりましては、事前交付書類等の内容を十分ご理解いただき、お客様ご自身のご判断でお願い致します。

<指定紛争解決機関>
証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC) 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 TEL:0120-64-5005(土日祝祭日除く)
<注意事項>※「くりっく365」は株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称として使用するものです。弊社は株式会社東京金融取引所の「くりっく365」取引参加者である岡安商事株式会社から指定を受けた取次業者です。

≪お客様相談室≫
北海道...0120-57-5311 関東...0120-76-5311 関西...0120-87-5311
(土日・祝祭日を除く 8:30~18:00)