総合Top -> CX(商品先物取引) -> 商品先物取引とは -> 小豆

商品先物取引とは

一覧へ戻る小豆


小豆
特徴
和菓子ブームの昨今、アンの材料として欠かせないのが小豆です。小豆の国内生産量は、130万俵から160万俵であり、主産地北海道でほぼ80%を占めております。
しかし、国産小豆だけでは需要を満たすことはできず、不足分は、中国・アメリカ等からの輸入で補っています。
輸入される小豆の数量は、上期と下期に分けて経済産業省から発表される外貨割当量によります。
小豆の変動要因
産地北海道の天候
荷動きがポイントの需給
中国・台湾の生産高
lQ制度による外貨割当て量
小豆取引の決まり
取引所/東京商品取引所
標準品/北海道産検査規格一般小豆二等合格品
その他の詳細情報 >>
  (値幅制限・証拠金など)

サンワードCXオンライン サンワードCXオンライン
  • 資料請求

  • CXの口座開設
マーケット情報のご案内