総合Top -> CX(商品先物取引) -> 商品先物取引とは -> パラジウム

商品先物取引とは

一覧へ戻るパラジウム


パラジウム
特徴
パラジウムは、1802年英国のW・H・ウラストンが同年に発見した小惑星パラスに由来し、名付けられました。 プラチナ系金属(PGM)に属するパラジウムは腐食に強いため、電気・電子・歯科材・宝飾品と広い分野で利用され、昨今では、パラジウムを主成分とした新型触媒が研究開発されており、より一層脚光を浴びつつあります。
パラジウムの変動要因
南アフリカ共和国供給調整
金、白金などと同様、ロシアの生産量と売却量
経済環境の動向
パラジウム取引の決まり
取引所/東京商品取引所
標準品/純度99.95%以上のパラジウム地金
その他の詳細情報 >>
  (値幅制限・証拠金など)

サンワードCXオンライン サンワードCXオンライン
  • 資料請求

  • CXの口座開設
マーケット情報のご案内