総合Top -> CX(商品先物取引) -> 商品先物取引とは -> スマートCXのご案内

商品先物取引とは

スマートCXのご案内

スマートCXの特徴

スマートCX

新しい商品先物取引のかたちとして誕生した損失限定の「スマートCX」。商品先物取引がより身近 な投資になりました。
なお、お取扱いは、金・白金・ガソリン・原油・とうもろこしの5銘柄のみとなります。


従来の商品先物取引では、相場の変動によっては、投下した初期の投資金(取引証拠金)を超える損失が生じるリスクがありましたが、「スマートCX」では、ロスカット水準の設定、リスクをカバーできる証拠金の計算等により、初期に投下した証拠金を超える損失が発生しません。(手数料は除きます。)

Point1 ロスカット水準の設定

ロスカット発動幅
150円/ g
白金 200円/ g
ガソリン 2,400円/ kl
原油 2,400円/ kl
とうもろこし 500円/ t
・2016年1月25日時点。市場動向により変更する場合があります。営業担当にご確認ください。

スマートCX では、お取引をスタートした値段から、損方向に一定値幅動いた場合に、ロスカット、つまり損切り決済の注文が発動されます。
これにより、同価格近辺で対当する注文があれば、この価格近辺での損切りとなります。
(追加の証拠金は必要ありません)
値幅の設定は当社の場合、表のとおりです。


Point2:リスクに応じた証拠金計算

また、証拠金の金額が上記ロスカット幅や過去の変動率を元に、リスクに応じて計算されるため、損失が初期の投下資金の範囲で収まるよう、比較的余裕のあるレバレッジ率の設定となっています。


Point3:万が一ロスカットできなかった場合の措置

万が一、上記の証拠金計算をもってしても初期投下資金の範囲内で決済注文がなされない場合(※1)、市場外取引により、当社が決済注文の相手方となって決済いたしますので、損失額が初期投下資金を上回ることはありません。(※2)


※ お取扱の限月は、5番限・6番限のみとなります。5番限が4番限に移行する前に決済する必要がありますのでご注意ください
※1. 対当する注文が市場に無い場合
※2. 手数料を除く

お問合せ・資料請求

通常取引の口座開設はこちら スマートCXの口座開設はこちら
お電話にて、各種資料の請求、ならびに口座開設申込書のお取り寄せ、その他のお問合せを承っております。お気軽にお電話下さい。

0120-301-052

お取引の計算例

お取引の計算例(利益例)

お取引の計算例(損失例)

損失限定取引と通常取引の比較

損失限定取引
(スマートCX)
通常取引
一枚あたりの
証拠金
(2016年1月25日現在)
※通常取引の証拠金は
半月にいちど見直されます。
⇒  約40万円
⇒  9.6万円
白金
⇒  約20万円
白金
⇒  7.8万円
ガソリン
⇒  約35万円
ガソリン
⇒  16万円
原油
⇒  約30万円
原油
⇒  16万円
とうもろこし
⇒  約20万円
とうもろこし
⇒  3.5万円
手数料
(往復1枚)
(消費税込)
⇒  16,200円
⇒  10,800円
白金
⇒  16,200円
白金
⇒  10,800円
ガソリン
⇒  12,312円
ガソリン
⇒  8,208円
原油
⇒  12,312円
原油
⇒  8,208円
とうもろこし
⇒  8,208円
とうもろこし
⇒  5,400円
レバレッジ 5~10倍程度 10倍~60倍程度
倍率 同じ 同じ
資金効率 低い 高い
リスク 最大初期投資額以内 初期投資額以上
ロスカット あり なし
追加資金による建玉維持 不可
取引銘柄 金・白金・ガソリン・原油・とうもろこし 当社取扱い銘柄すべて可能
建玉限月 期先2限月のみ 全限月すべて可能
当該建玉期限 おおよそ4ヶ月以内
(ガソリン・原油はおおよそ2ヶ月以内)
おおよそ1年以内
(ガソリン・原油はおおよそ6ヶ月以内)

通常取引の証拠金は月に2回、前半と後半で見直しされます。
通常取引の証拠金、及び通常取引・スマートCXそれぞれの手数料の最新情報はこちらよりご確認ください。
前半  後半

サンワードCXオンライン サンワードCXオンライン
  • 資料請求

  • CXの口座開設
マーケット情報のご案内