実務経験豊富な塩見有輝さんが再び登場!

東南アジアでの実務スペシャリスト、
実務経験豊富な塩見有輝さんが再び登場!

令和元年、日本脱出を目論み、海外不動産を中心とした海外投資で成功したい方々へ!
そして、暗号資産投資の最新事情を知りたいあなたへ!

東南アジアを中心に1ヶ月に1回のペースで海外へ渡航されている塩見さんが
直接得た情報を皆さんにお伝えします。
そして、うまくいく方法はもちろんですが、失敗しないためのコツも塩見さんがわかりやすく教えてくれます。

塩見さんは、シンガポール航空CAに新卒採用されたのがきっかけとなり、
それ以来12年間シンガポールに住み、
その後も企業の海外事業開発を担当しながら、
長年に渡り、東南アジア事業に携わってきた実践者です。

東南アジアの実務全般を実践してきた塩見さんだからこその、
各国の特徴を整理した、わかりやすい講演となりますのでご期待ください。

今後の海外不動産投資を行うにあたって、全体を把握したい方、
東南アジアを中心とした現地の生の情報を持ちいた、実体験に基づいた塩見さんのセミナーは、
必ずや、役立つものとなるでしょう。

また、暗号資産・株式投資などの分散投資をされている塩見さんに分散投資のコツについても
聞いてみましょう!!

これから資産運用を考えていらっしゃる方も
既に始めていらっしゃる方も必見のセミナーです!
ご都合の良い方は是非ご来場ください!

塩見有輝(しおみゆうき)さん

東南アジアビジネスの実務スペシャリスト
横浜生まれ横浜育ち。
地元の大学を卒業後、
シンガポール航空のCAとなったのをきっかけに、
その後12年間シンガポールに居住する。
その間、現地の宅建試験合格し、
シンガポール政府公認不動産仲介免許を取得する。

現在は東京をベースにし、
毎月、半分以上を海外で過ごす。
東南アジアで関連業務をしながら、
世界各国の旅行を毎月し続ける。
ボーダーレスで自由なライフスタイルを提案し、
評論ではなく、体感したことを発信し続け、
SNSや各種セミナーで人気を誇る。

著書
サラリーマンが今すぐできる
海外不動産投資~シンガポール編~
 (2019年7月現在)

FX(くりっく365)の注目通貨ペアについて詳しく解説!

セミナーの後半では、FX(くりっく365)について弊社スタッフから
仕組みの説明や注目通貨ペアのご紹介をさせていただき、
今後の見通しなどを解説させていただきます。

今回のセミナーでは,相場分析や取引の仕組み·リスクまで、
投資初心者の方にも分かりやすく解説させていただきます!

FXをこれから始めてみようとお考えの方、是非ご参加ください。
きっとあなたのお役に立てると思います。

堀氏との特別懇談会

普段はなかなか話すことができない塩見さんに直接質問できるチャンス!

「成功者になる秘訣をもっと詳しく聞きたい」

「資産運用の悩みを相談したい」

などなど、講演中に疑問に思ったことはもちろん、今後の投資に対してのアドバイスなど伺える絶好の機会です。

ご都合の良い方は是非ご参加していってください!


日時・会場
2019年8月3日(土)13:30開場 14:00開演 16:30終了予定
富士ソフトアキバプラザ 6F セミナールーム2
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3[地図]
定員 30名
参加費 3000円 ※当日現金でお支払いください。(おつりの無いようにお願いいたします。)
主催 サンワード貿易株式会社
※本セミナーは、弊社サンワード貿易(株)が扱う取引所為替証拠金取引(くりっく365)の契約締結の勧誘を目的として開催しております。※本セミナーは、途中退室自由です。※取引所為替証拠金取引(くりっく365)は、相場変動等により元本を上回る損失が生じるおそれがあります。※本セミナーは、相場の動向や売買による利益を示唆または保証するものではありません。投資に関しての最終判断は、あくまでもご自身でご決定ください。※お客様の個人情報は、弊社の業務における調査、情報提供、ご案内に利用し、弊社のプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱いいたします。※他の参加者へ対する営業や勧誘行為は、一切禁止とさせていただいております。※講演者・講演内容などは、都合により予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。※同業者及び学生の方のお申込はご遠慮ください。※本セミナーの録音・動画撮影はご遠慮ください。

≪注意事項≫ ※「くりっく365」は株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称として使用するものです。弊社は株式会社東京金融取引所の「くりっく365」取引参加者である岡安商事株式会社から指定を受けた取次業者です。

※商品先物取引及び取引所為替証拠金取引(くりっく365)に関する重要事項についてはこちらをご覧ください。